2014年12月29日月曜日

ASUS Zenfone4のまとめ03

 結局不具合を解消したらふつうに使えるようになった。
 でも、普通に使えるようになる前に、モバイルバッテリーを買ってしまったのが痛い出費だった。でもまぁ、いつでもどのモバイル機器でも充電できるようになったからお得だと思うしかないね。

ASUS Zenfone4のまとめ02

 Zenfone4に起こった不具合の話

 まず、バッテリーの持ちが異常に短い。五時間以下で完全にバッテリー切れになる。そしてスマホが以上に熱い。電源を切って放置していたとしても持ちが改善されない。この時はほんとに最低なスマホを掴まされたと憤慨していた。

 APN設定が確立されていません。みたいなメッセージが何度も表示されてまともにスマホを使うこともできなかった。ちょうどキーボードの上に表示されるので、文字入力すらまともにできなかった。これも大きなストレスだった。

 GoogleのAndroidスマホの機能である音声認識が全く使えなかった。これも大きなストレスだった。僕は文字入力ではなく、音声で検索ワードを入力していたので、これが使えなかった頃は、もう最悪!! っと苛ついていた。


 結局解決したけど、なんで解決できたんだか?

 購入当初もバッテリーの持ちが悪かったが、一週間ほど経ったころにシステムアップデートしたあとからとにかく上記の不具合が起こりまくって使い物にならなくなってしまった。

 が、とりあえずググって解決方法を探してみると、まずAndroidのPlayストアの、アプリの自動更新をしないように設定する。


 それと、Zenfone4にデフォルト入っているメールアプリのメッセージを削除して別のメールアプリに変更する。Google+も削除しておく。

 この3つをやるだけでバッテリーの寿命がかなり長持ちするようになった。今ではまる一日放おって置いても問題なしだ。

 APN設定が確立されていません。というメッセージもでなくなった。音声認識も使えるようになった。なんだかなぁ、って思うけれど、まぁ、仕方ないね。

ASUS Zenfone4のまとめ01

 Zenfone4を買って、約一ヶ月が過ぎた。このスマホも、すっかり僕の日常に溶け込んでいる。
電話を引退してただの音楽プレイヤーになったiphone4と、手帳と本棚を兼ねるnexus7、そしてZenfone4だ。

 ポケット、カバンの中にそれらのモバイル機器を仕舞いこんでの出勤は僕の生活をかなり良いものにしてくれた。iphone4はインターネットの接続や余計なアプリを完全に排除したのでバッテリーは相当長く持つようになったし、タブレットも同じく余計なものを消してキンドルとカレンダーに絞っておくだけでだいぶ快適に読書とスケジュール確認ができる。

 
 スマホには、通話とメールしか期待してない。そのため、Y!mobileのもっとも安いプランで十分だ。動画も書籍も音楽も、全部ほかのモバイル機器で対応できる。

 さて、このスマホの使い心地についてのまとめだ。
 ざっくりと結論をいうと、まぁ、最低じゃなくて普通。最高の体験は得られないが、他のモバイル機器と併用していけば十分な使い心地、ってところだ。


割れてしまったiphone4と並べるとちょっとでかい。裏を取り外してSIMカードを入れる。microSDカードを挿入することもできるが、いちいち裏蓋を取り外すのが面倒だ。クラウド経由のみで情報をやりとりするのでmicroSDカードを使うことはないだろう。音楽も書籍もぜんぶほかのモバイル機器だから追加の容量は必要ない。

 裏蓋の外し方にはコツが必要だ。他の人のブログを見ると、どうも僕のスマホとは取り外す『コツ』が違うらしい。僕のZenfone4は音量調節ボタンのあたりに爪を入れるとぱかっと外れる。
Y!mobileのSIMカードを挿入して使っている。
 一応普通に使えるが少し前まで不具合があったのだが、少しの工夫ですべての不具合が解消された。少しの工夫と、不具合の説明は次の記事にまとめようと思う。
最近投稿ペースが減った。年末に向けて忙しかったからか?

まぁいいや、